投稿

イメージ
「市民連合はままつ」結成集会 2 2017年12月10日 民主主義のアップデートをめざして 2(抄録)
イメージ
戦争遺跡シリーズ 4 浜松の戦争遺跡 4 浜松修学舎中学校・高等学校の「やすらぎ」の碑

浜松市中区向宿2丁目にある旧名「浜松女子商」の一角にある碑。

戦争中に工場に学徒動員され、アメリカ軍の空襲で 亡くなった14人の慰霊のための銅像。

14人は4月30日の河合楽器工場への空襲で亡くなった。

              (撮影 2006年4月23日)


イメージ
「市民連合はままつ」結成集会 1 2017年12月10日
民主主義のアップデートをめざして 1
浜松基地年表 Ver.1

 浜松基地 年表  Ver.1  20171130


 < ここでは墜落・事故は浜松基地関連のものに限った >
 < * は平和の行動 >
 < + は政治・地域の出来事 >


1908年       「歩兵第67連隊」浜松に新設(現在の静岡大学浜松キャンパス)
1914年       第1次世界大戦で歩兵第67連隊が中国・ドイツ領青島に出動
1925年 5月 1日 「歩兵第67連隊」大正軍縮で廃止
1925年       陸軍飛行第7連隊新設
1928年       「高射砲第一連隊」(1925年豊橋設置)「歩兵第67連隊」跡地に移駐
1928年 3月    高射砲部隊のための陸軍米津(よねづ)浜射撃場が完成
1931年11月~   中国東北地方(満州)へ派兵、空爆
1932年 3月~   中国・上海へ派兵、空爆
1933年       第7連隊の火薬庫大爆発
1933年 8月 1日 第7連隊の練習部から「浜松陸軍飛行学校」設立
1937年 7月    日中全面戦争、派兵・空爆激化
1937年       三方原に墜落した爆撃機の搭乗員「四勇士之碑」建立
1937年       中田島海岸の米津台場跡に殉職飛行将兵の慰霊碑を建立
1938年 8月31日 第7連隊、第7戦隊となる
1939年       浜松陸軍飛行学校の鉾田分校が置かれる。軽爆部門は鉾田へ。
1941年12月 8日 日本と米英など開戦
1942年 9月~   東南アジアへ派兵、空爆
1944年11月    浜松の97重爆8機が海軍爆撃機と共同してサイパン島を空爆
1944年11月    陸軍最初の特攻部隊、鉾田の万朶隊と浜松教導飛行師団の富嶽隊で決行
1945年       本土・九州・沖縄周辺で空戦
1945年 8月15日 + 日本敗戦
1945年 8月20日 敗戦処理の連絡機「綠十字」機が磐田の鮫島海岸に不時着。現在、碑あり
1945年 8月21日 不時着した全権団は浜松飛行場から爆撃機「飛龍」で陸軍調布飛行場へ。
1945年 9月        浜松基地は米軍横田基地の不時着用分基地として接収される
1945年~      + 三方原・高丘の戦後開拓始まる
1952年10月    保安隊航空学校設立。学生11人でスタート
1952年12月    浜松に米軍の小型プロペラ機到着
1953年 1月 9日 米空軍教官による操縦教育過程始…
イメージ
浜松基地の動き T-400問題 ⑫ 2017年12月2日 午後 T-400 浜松基地デモフライト 2


イメージ
戦争遺跡シリーズ 3 浜松の戦争遺跡 3 楊子橋の弾痕  第二次世界大戦中の米軍戦闘機の機銃掃射の痕と推定されている。  橋は、浜松市の南部の竜禅寺町と楊子町の間、馬込川に掛かっている。  橋の南側と北側に弾痕があり、北側に歩道橋があるので北側の方がよく見える。





イメージ
浜松基地の動き T-400問題 ⑪ 2017年12月2日 T-400 浜松基地デモフライト 1